英語、英会話の勉強法、学習法サイト

「ハウ・アー・ユー」さえ通じなかった。そんな私がネイティブに間違えられるまでになった秘密を全てお教えします。

突然ですが、私はネイティブ並みの英語力があります。時々アジア系のネイティブと勘違いされる事もあるくらい、流暢に英語を話します。TOEICは10年以上前に初めて受けて920点を取りました。当時は医学部を卒業したばかりで大変忙しい毎日だったので全く準備もしていません。それでも今ではその時とは比べ物にならないくらいの英語力があるので「あの頃は920点しか取れなかった」と恥ずかしく思うくらいです。

英語や英会話なんて全くできなかった

こう書くと、自慢話のように聞こえるかも知れませんが、私は実は全く英語が苦手だったのです。初めて海外に出たのは20歳になってからの週末香港旅行。その時も英語は友達にお任せ。話しかけられると逃げる、そんな英語力でした。

これではいけないと、一念発起して英語を勉強したものの、全くできるようにならず、もう英語は諦めようと思ったのですが、なんとか踏ん張って最後の悪あがきのように、英語を勉強せずに「英語勉強法」を研究しました。私は医学部にいたので脳科学書などもよく読みながら言語習得について調べました。そしてある事を知りました。

日本で行われている英語勉強法では誰も英語ができるようにならない

という事です。それはもう日本の英語教育の状態は非科学的きわまりない、という事を知ったのです。「学校で行われている文法中心の入試英語に基づく英語教育がダメ」とかそこら辺の人が言いそうな話をしているのでは当然ありません。

根本的に言語学上、日本で英語を学習しているほとんどの人の用いている英会話勉強法、英語学習法などでは英語ができるようにならないのです。当然、英会話スクールなどでも同じです。簡単にいくつか例を挙げましょう。

間違った英語勉強法の例

  • リスニングを繰り返す
  • 音読を繰り返す
  • 構文やパターンの暗記
  • 会話フレーズの暗記
  • 発音を後回しにする
  • 「これを英語で言ってみよう」などの表現集を使う

 

もちろん「やり方」や「やるタイミング」によっては役に立つ事もあるのですが、多くの場合、これらを一生懸命やっても英語はできるようになりません。どうしてダメなのか、という説明も全部このサイト内でしていますが、今あなたに知ってほしい事はこれらをやってもダメな事、そして私もそういったやり方をやっているうちは全然英語ができなかったという事です。

さて、それらがダメ、という事が分って私が行った事は徹底的、論理的に一番最適な英語学習法を見つけ、それを用い英語を学習するという事です。色々研究した結果、私はあるシステマティックな勉強法を編み出し、それに基づき英語を勉強しました。その結果先ほど書いたように忙しい中簡単にTOEICで900点を突破し、今ではネイティブに「ネイティブレベル」と言われ、世界中を英語を屈指して飛び回る生活になりました。

回りくどくなりましたが、今回、あなたにその方法をご紹介する、という事です。つまり、

日本人英語学習者がネイティブレベルになる為に一番最適な英語勉強方法

をあなたは知る事になるのです。

時々私がまだ出来なかった頃、英会話を一緒に頑張っていた知人などに久しぶりに会いまだ英会話学校に行っているという話を聞くと、「え、まだ英語出来るようになってないの?」と言いたいのを何度我慢したかわかりません。

あなたは英語ができる人にそのように思われたくないですよね?でも、あなたがこのサイトを読んでいると言うことは、まだ残念ながらあなたの英語は決して満足のいくものではなく、だからこそ英語学習に精を出しているのでしょう。

今回私が言っているのは、今からご紹介するこの方法で学習する事で、「英語を学習している」段階から

そろそろ英語を使いこなす段階に飛躍しませんか?

という事です。その為に必要な英語勉強法の詳細は全て次のページに書き込みました。先ほど書いた「間違った英語勉強法」がなぜダメなのかも全てここに書きました。

今すぐあなたもこの英語勉強法の詳細を知ってください。

この英語勉強法の詳細はこちらからどうぞ